BLOG JAPAN!!

検索数の数だけ認知される喜びがそこにある…

【競馬】第69回神戸新聞杯(GII)を血統表のインスピレーションで選んでみた…果たしてその結果はどうなる❓

競馬はブラッドスポーツと言われるほど

血統が大きく関わってくるスポーツです

子馬, うま, ポニー, 小さな, 動物の赤ちゃん, 牝馬, ダン, 繁殖

 

競走馬はサラブレッドと呼ばれますが

その語源はThorough(徹底的な、念入りな)bred(品種)で

『徹底的に品種改良された血統』を意味します

競馬おいて血統は切っても切れない存在であることが分りますね

 

競馬の予想において…その馬のお父さんが誰で…

お母さんが誰なのか…さらには祖父母は誰なのか…

先祖をたどると誰に行き着くのか…

 

これが遙か100年以上前から脈々と受け継がれる「血統」なのです

名馬のみが自らの血を残すことを許され

その子が走ってまた名馬となり血を残す

こうしてサラブレッドという品種はどんどん改良され

より速くより強くなってきました

 

 

「血統」は競走馬の生産に携わる関係者にとってはもちろんのこと

競馬ファンにとってロマンなのです

そして今回、私は第69回神戸新聞杯(GII)で

血統のロマンを求めることにしました

 

インスピレーションで選んだのは…

父:オルフェーヴル

母:ファシネイション

(母の父:シンボリクリスエス)

イクスプロージョンです

 

ファシネイション(母)

未だ目立った活躍馬は出ていませんが

ダービー馬フサイチコンコルドを産んだバレークイーンを祖に持つ母系は

皐月賞馬のヴィクトリー、青葉賞を勝ったアドミラブルなど

多くの活躍馬を送り出す日本でも屈指の優秀な血統です

先週のローズSで3着だったアールドヴィーヴルもこの血統の出身です

 

シンボリクリスエス(母の父)

言わずと知れた名馬

アメリカで生まれ日本で調教を受けた競走馬

現役時代は天皇賞(秋)、有馬記念をそれぞれ連覇するなど活躍し

2年連続でJRAの年度代表馬(2002年、2003年)に選出されました

ラストランの9馬身差での圧勝劇は今でも忘れられません

産駒代表馬にはエピファネイアがいます

 

オルフェーヴル(父)

シンボリクリスエスと同様に言わずと知れた名馬

主な勝ち鞍は皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)

宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)

2011年には史上7頭目となる三冠馬となりJRAの年度代表馬に選出されました

2012年、2013年には凱旋門賞に出走し2年連続で2着と好走しました

池添謙一騎手との凱旋門賞…観たかったですね

 

こうやって父、母、母の父を文書にしてみると

ロマンを感じるし愛着も湧きます

第69回神戸新聞杯(GII)はイクスプロージョン

我が子のように応援したいと思います

果たしてその結果はどうなる❓

 

無料の競馬のコミュニティ【ウマスマ】

www.oyatto.work