ブログ収入でこれから人生を変える男の話

「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」

ジャニーズJr.制度が改定(22歳の年齢制限)だがJリーグの下部組織を目指した方が良かったと思う件

 

テレビ, 70 年代, 401, 1960 年代, 1970 年代, ビンテージ

ジャニーズJr.制度が改定

22歳の年齢制限「適切な進路決定の確保」

23年から適用

事務所と合意の場合はその後も

「ジャニーズJr.」として活動継続

ジャニーズ事務所は16日に上記の内容を発表

今まで制度が曖昧だったことに驚きである

アイドルを目指してのライバルとの闘い…

同じ釜の飯を食ったと思えば明日は敵…

「適切な進路決定の確保」のためとあるが

私はもう一歩踏み込んだ改定を目指し

Jリーグの下部組織と同じ制度にして欲しかった

 

Jリーグの下部組織に入る為には

セレクションを受け合格する必要がある

カテゴリーとして大きく分けるとU-12,15,18となる

 

U-12 : 小学生以下

U-15 : 中学生以下(ジュニアユース)

U-18 : 高校生以下(ユース)

 

Jリーグの下部組織では年代が上がるごとに

人数が絞られるのが当然の世界である

中学生の時にジュニアユースに所属していても

ユースへの昇格は認められないことも多々ある

昇格出来なかった選手が高校のサッカー部へ進み

活躍しJリーガーになった例も多々ある

 

有名な話として…日本代表として活躍した

本田圭佑選手はガンバ大阪のジュニアユースに

所属していたがユースへの昇格が認められなかった

その為に本田選手は石川県の星稜高校へ進学し

そこでのプレーが認められ名古屋グランスパスに入団した

 

改めて思うと今回のジャニーズJr.制度の改定は

かなり甘いと思えてしまう…

『事務所と合意の場合は

 その後も「ジャニーズJr.」として活動継続』だが

本当に"本人のため""事務所のため"になっているのだろうか?

「ジャニーズJr.」をタレントと認識している時点で

ジャニーズ事務所の未来は無いと思う

(「ジャニーズJr.」はトップアイドルの養成所では…?)

 

同じ釜の飯を食べ切磋琢磨する環境こそが

本当に「ジャニーズJr.」に必要と思う

Jリーグの下部組織と同じく各カテゴリーでクビ宣告する方が

"本人のため""事務所のため"だと思いませんか?