ブログ収入でこれから人生を変える男の話

「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」

【賛否両論】新型コロナの恐怖で琴貫鐵が電撃引退…琴貫鐵がサラリーマンだった場合に本当に退社する必要があったのか考える

昨晩、報道されたニュースである

両国国技館

琴貫鐵のコメント…

今日を持って引退することになりました

このコロナの中で両国まで行き

相撲を取るのは流石に怖いので

休場したいと佐渡ケ嶽親方に伝え

協会に連絡してもらった結果…

協会からコロナが怖いで休場は

無理だと言われたらしく

出るか辞めるかの選択肢しか無く

自分の体が大事なので

とコメント

更に…

コロナに怯えながら我慢して

相撲を取ると言う選択肢は選べず

引退を決意しました

ともコメント

 

 

SNS上では当然、賛否両論の嵐…

"新型コロナウイルスが怖いのは分かる"

"至極当然の理由"

"批判には当たらない"

と支持する意見の一方で

"サラリーマンはこんな状況下でも

 毎日、満員電車で通勤している"

などの否定的な意見も当然かと思います

 

再度、緊急事態宣言が出された今、

初場所を開催する必要があるのか?

"品格"を試されていると思いませんか?

 

日本相撲協会としては

関東大震災や戦時中に空襲で

焼け野原になっても開催して

国民を勇気づけてきたという

伝統と神事としての役割がある

その伝統を守らねばならない…

と言った考えなのかもしれないが

もう時代に合いません…

 

"伝統を守る"為の開催が建前で

これだけ叩かれている中での開催目的に

収益が含まれているのであれば

日本大相撲協会はブラック企業です

会社(組織)は従業員を守る"5つの責任"があります

 

①肉体的健康と精神的健康

健康は心身の健康です

従業員が心身ともに健康でなければ

経営も雇用も続きません

「人はいくらでもいる」このような考え方では

従業員は安心して働けず成果も出ません

 

②安心安全

職場は安心安全を求められます

職種によっては危険が伴います

しかし、労働災害が起きれば

従業員の生活だけでなく

人生も奪うことにもなります

安心安全の確保は会社の責任です

 

③能力の管理 

従業員のやる気と能力を上げ

会社が成果を得るには

スキルアップが必要です

ただ働くだけでは従業員もやる気は出ません

会社は従業員を育てる責任があります

 

④雇用の継続

雇用の継続は従業員の生活保障であり

社会経済の安定には必要です

雇用は正当な理由がない限りは

継続義務があります

継続できるように指導するのも会社役割です

 

⑤給与の確保 

従業員の生活を守るために

経営は成果を求めます

会社の正しい経営が給与に影響します

従業員が生活していけるように

経営の舵取りに責任があります

 

今回の問題を"5つの責任"

ふまえてもう一度、考えると

完全に日本大相撲協会がNGと思います

(あくまでも私、個人の意見です)

琴貫鐵がサラリーマンだった場合は

退社する必要もないし裁判になれば

勝利確定かと思います

 

今一度、読者の皆さんも

勤め先から5つの責任で

守られているか考えてみて下さい(笑)

 

 

いずれにせよ第二の人生を選んだ

琴貫鐵(本名:柳原大将)さんを

応援しようと思います

貴方の答えが少しでも医療従事者の

助けになると信じてます

コンサート, 群衆, 視聴者, 人, 音楽, エンターテイメント, 祭り