2020年7月1日より全国でプラスチック製買物袋の有料化が始まるけど…収益を税金にしたらどうだろうか?

2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします。

 

最近、頻繁に2020年7月1日より全国で

レジ袋の有料化のスタートを案内した

張り紙を見ます…

それがコンビニだから違和感しかありません

一方でスーパーでは…

一足先に導入されておりエコバック持参での

買い物が当たり前になっています

 

 

経済産業省からは下記が掲げられています

プラスチックは非常に便利な素材です

成形しやすく軽くて丈夫で密閉性も高いために

製品の軽量化や食品ロスの削減など

あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています

一方で、廃棄物・資源制約、

海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化など

の課題もあります

私たちはプラスチックの過剰な使用を抑制し

賢く利用していく必要があります

このような状況を踏まえ

2020年7月1日より全国で

プラスチック製買物袋の

有料化を行うこととなりました

これは普段何気なくもらっている

レジ袋を有料化することで

それが本当に必要かを考えていただき

私たちのライフスタイルを見直す

きっかけとすることを目的としています

 

たしかに経済産業省

言っていることは正しいと思います

これにより各社コンビニは2020年7月1日より

レジ袋を1枚3円の有料化とするが

賛否両論が巻き起こっています

例えば…

 

『コンビニのレジ袋が無くなれば

 圧倒的にゴミの量が減る』

 

『コンビニの何処で袋詰めを実施するのか?』

 

『温めて貰った品物と

 冷たい品物(アイスなど)は一緒に袋詰め出来ない』

 

などです

 

客も大変と思うが実は店員が

一番大変になると思います

 

"袋に詰めるかの確認作業"

 

"毎回、違った袋への袋詰め作業"

 

"有料レジ袋かマイバックかの確認作業"

 

人手不足の中での更なる重荷…

店員のメンタルが心配です

 

そもそもコンビニを利用する人は

マイバックを利用するのでしょうか?

かなり個人的な偏見かとは思うが

レジ袋"3円"にこだわる人は

コンビニに来ないと思います

品物が1円でも安いスーパーや

ドラックストアに行くと思います

すなわちコンビニで買い物する大概の人は

有料レジ袋を使用すると思います

 

レジ袋代金として頂いた収益金は

地域社会の環境保全活動や資源循環などの

環境負荷低減のための取り組みに

活用するとのことですが

一層の事、税金としたらどうだろうか?

 

正直、結構な額になると思います

経済産業省と財務省の方々、いかがでしょうか?