今週末も不要不急の外出自粛を自粛しひたすらYouTubeを観た…涙が止まらなかった

お題「#おうち時間

 

今日は最高の天気だった

本来ならば間違いなくBBQをしていただろう

でも、今は我慢…自宅でじーっと我慢

"Stay Home Week"

 

子供達は話題の"Nintendo Switch"の

『あつまれ どうぶつの森』に没頭していた

本来であれば"やり過ぎ"に注意をしたいところだが

今の状況では仕方がない…

 

一方、私は…家事の合間に

ブログ更新とYouTube視聴…

いよいよ始まるG.Wもこの調子かと思うと…

気持ちが暗くなります

でも、いま私たちに出来ることを頑張りましょう

"Stay Home Week"

 

一方で何気なく見ていたYoutubeから

考えさせられる時もあり勉強になっている

 

『皆さん、恩返しをしていますか?』

 

私たちは絶対に今日まで一人の力で生きていません

絶対に周りの人に助けて貰っています

それが家族だったり友人だったり

もしかしたら他人かもしれません

 

『皆さん、感謝をしていますか?』

『皆さん、恩返しをしていますか?』

 

そんな思いを胸に次の動画をご覧下さい

www.youtube.com

 

感動的なCMです

実はこのCMはある実はが元になっているそうです

アメリカの著名な産婦人科医となった

ハワード・ケリー(1858-1943)氏は

子どもの頃貧しい暮らしを送っていた

ケリー氏は空腹の為に何か食べ物を

めぐんでもらおうとある家の扉を叩いた

そこから出てきたのは1人の若い女性

少年だったケリー氏は恥ずかしくなってしまい

「水を一杯ください」としか言えなかった

ケリー少年の様子にすべてを察したこの女性は

水の代わりに大きなグラスにミルクを注いで持ってきた

ケリー少年は「お代をお支払します」と言ったが

女性は…

「親切な行いに対してお金を受け取ってはいけないと

 母から教えられたからいらないわ」と答えたそうだ

数十年後にその女性は非常にやっかいな

当時珍しい病気にかかってしまい重体となった

地元の医師では手が負えず治療のために

全米から専門の医師たちが呼ばれた

その中にはケリー氏がいた

 

ケリー氏は全力で治療に当たり

女性は無事に難病を克服し元気に退院していった

彼女が退院した数日後に請求書が自宅に届いた

支払いは相当な高額であることがわかっていたが

そこには…

「コップ1杯の牛乳によって支払い済み

 ハワード・ケリー」と書かれていたという

ケリー氏はこの女性があの時ミルクをくれた

女性だとわかっていたのだ

 

別に大きな見返りが欲しくて

人助けをする訳ではありません

全てにおいて恩返しが

出来なくても仕方ありません

大切な事は助け合う"こころ"だと思います

今まさに世界中に必要なキーワードです

私は我慢…自宅でじーっと我慢

"Stay Home Week"