oyattoのブログ

日常の疑問などを書き、なんだか見たくなってしまうブログです

なぜ、プロ野球は2部制ではないのか?アメリカから輸入されたスポーツだからです でも…

私はサッカーファンです

応援する地元チームの"カターレ富山"は

現在、J3リーグです

今期でJ2昇格して欲しいです

観覧席, サッカー場, スタジアム, サッカー, ゲーム, スタンド, 草

そうです

Jリーグは現在、3部制のリーグ体制となっています

毎年、熾烈な優勝争いと同時に

熾烈な降格争いも行われます

 

選手にしてみれば降格すると

年俸の影響が大きい為に

必死になるのは当然かと思いますw

それでも、個人的には

ヴィッセル神戸のイニエスタ選手の

年俸(約32億)は置いといて

Jリーグ選手の年俸は少ないと思います

www.nenshuu.net

 

子供達にサッカー選手は夢がると

思ってもらえるように是非とも企業の皆様…

サポートになって下さい

お願いします

子供, スプラッシュ, アジア, 日没, タイ, キック, 少年たち, ボール

この降格争いの最大のメリットは

サポーターからすれば消化試合が少なく

常に熱い試合を観戦出来ることです

その他にも降格チームからの選手の移籍による

各チームの戦力の活性化もメリットと考えます

そもそも、ここ数年のJリーグは非常に

移籍が活発に行われています

 

毎年、カターレ富山に有力選手が

移籍してこないかとワクワクしていますが

前者の理由(年俸)で移籍はほとんどありません

やはりJ2、J1と上位リーグに昇格する必要があります

3部制のリーグ体制の最大の魅力は

協会、地域、選手、サポーターが一体となって

チームを育てることかもしれません

 

では、『なぜ、プロ野球は2部制ではないのでしょうか?』

理由は簡単です…アメリカから輸入された

スポーツだからだと言われています

確かにアメリカでも当然、野球は1部制です

他のスポーツのサッカー、バスケット、アイスホッケー同様に

1部制がアメリカのプロスポーツの基本的です

選手として考えれば、降格が無い為に

所属するリーグによる年俸差を

考えなくて良いメリットはあるかもしれません

アクション, 運動選手, 視聴者, 野球場, 野球, 市, 都市の景観, 群衆

でも我々、ファンが見たいのは毎試合が

ワクワク、ドキドキする試合です

プロ野球の試合数は143試合と

他のプロスポーツと比べて試合数が非常に多いです

当然、消化試合も多くなります

現に個人タイトル争いの敬遠を何度か見たことはあります

 

違うんです

我々、ファンが見たいのは毎試合が

"WBSCプレミア12"のように

毎試合、毎イニングで手に汗握る試合です

あの極限状態でのプレーが選手の成長の場と思います

「WBSC」の画像検索結果

正直、現状のプロ野球は協会、地域、選手、サポーターが

一体となってチームを育てる体制になっていません

下記の提案はいかがでしょうか?

 

 

1.新チームを2チーム導入する

2.2部制としN1リーグとN2リーグとする

3.各リーグに7チーム属する

4.試合数は120試合(同リーグ内で同チームと20試合ずつ行う)

5.N1リーグの首位が日本一とする(日本シリーズの廃止)

6.N1リーグの7位とN2リーグの1位は自動入れ替え

7.N1リーグの5,6位とN2リーグの2.3位は入れ替え戦を行う

「提案」の画像検索結果